先輩インタビュー

大好きな飲食業界を店舗という側面から支えたい。

西田 雄紀
2018年5月入社

元々飲食業界に興味があり、大学卒業後はアルバイト時代にお世話になっていた焼き鳥屋で1年間経験を積んでいました。ですが、給与や休み、将来のことを考えると不安な部分もあり違う形で飲食に携われる仕事はないのか…と考え、一番最初に目に止まったのが不動産業界。飲食を店舗という側面から支えられることと、給与面でも将来安定して働き続けられることに魅力を感じ、再び就職活動をスタートすることに。

様々な会社の説明会や選考会に参加するものの、自分にしっくりくる会社が見つからず、なんだかモヤモヤした気持ち。そんな時、ジール不動産の説明会で「なんでもいいから自分の目標を持ち、その目標に向かって幸せになる方法を考えてほしい」と社長が話してくれました。その話を聞き、自分が目標にするものはなにかと考えたら、将来お金持ちになること。それを社長に話すと「成功する人は、成功するまでやり続けられる人」と言われ自分の中にあったモヤモヤがスッキリ晴れたような気持ちでした。最初は仕事内容や待遇面に魅力を感じていましたが、最終的には社長の考え方や働く先輩社員の人柄の良さに惹かれ、入社を決意しました。

一緒に悩み、笑ってくれる仲間がいる。

私たちの仕事は、物件を貸したいオーナー様と物件を探しているテンナント様の間に立つこと。お互いが提示する条件に納得していただかなければ契約は成立しません。例えば、テナントをオープンさせた際の看板の設置場所。テナント様の「なるべく目立つように大きく出したい」という要望に対してオーナー様は「道路に近くない場所に設置してほしい」という条件。双方の条件や要望が合致しないことはよくあることです。相手の反応や表情を見ながら妥協点を一緒に探し、双方が納得のいく条件になるまで打ち合わせを重ねていきます。簡単にできるようなことではありませんが、お客様が私を信頼して提案を受け入れてくれた時は本当に嬉しいです。

大変なこともありますが、ここまでやってこられたのは社長や先輩方のおかげです。社長は社内交流を大切にする方で、なにかあった時にいつでも相談できるような環境づくりをしてくれています。また、毎月ある飲み会では一旦仕事のことは忘れてショートコントやモノマネなどを披露し、皆で盛り上がっています。働く時は集中して、楽しむ時は思いっきり楽しむ。それがジール不動産の良さですね。

Copyright © 2015 - 2019 株式会社ジール不動産 All Rights Reserved.