先輩インタビュー

自分の力を試せる環境が揃っていた。

柴田 純
2016年4月新卒入社

仕事を探していた際、たまたま一番上に出てきたのがジール不動産の求人でした。私がジール不動産を選んだ理由は2つ。1つ目は、設立間もないベンチャー企業だったこと。そして2つ目が、社長の思いに共感できたこと。自分は苦手なことに直面すると逃げ出したくなる部分があります。そんな自分を変えたいという思いもありまだ環境が整いきっていない新しい場所で、どこまで自分の力を試せるのか挑戦してみたかったんです。

他にも不動産会社を何社か受けていたのですが最終面接にならないと社長と直接話す機会がなくなかなか働くイメージを持つことができませんでした。そんな中ジール不動産では、説明会の段階で社長と話すことができました。仕事内容やお客様のこと、会社のビジョンなどを社長から直接聞くことができたのは、すごく良かったです。

入社したときは、私たちの代が新卒第一期生でした。現在は後輩たちも続々と入社し、主任として社員の指導にも励んでいます。

上司の仕事を見て、自分の考え方が変わった。

今のポジションに就くまでには、辛くて逃げ出しそうになったこともありましたが、上司が私を良い方向に変えてくれました。それは、結果が出ずに悩んでいた時期の出来事です。物件の空きをなんとかしたいと悩んでいるオーナー様。集客も見込めそうな場所だったので、飲食のテナントが最適だと考えご紹介しましたが、「ビルが汚れるし、匂いが気になるからだめ」と断られてしまったんです。この時、自分ではどうすればいいのかわからなくなってしまい当時の上司に相談し、アポ同行をお願いすることに。上司は、オーナー様に飲食がだめな理由をひとつずつ聞きながら「消臭効果が強いダクトもありますよ」「キレイな店舗がウリのテナントなんです」と懸念されていた部分の解決策・安心要素を丁寧に説明していました。これまで首を縦に振らなかったオーナー様から「だったらやってみようかな」と初めて前向きな回答をいただけたのです。提案の仕方ひとつで、オーナー様の気持ちをここまで変えられることに驚き、この人と一緒にいたら自分も大きく成長できる。そう感じました。

これは自分にとってもターニングポイントになった出来事。今度は私が、後輩たちが悩んだ時にすぐに相談できる存在になること、そしてこの仕事を楽しいと感じてもらえるよう導いてあげたいです。

Copyright © 2015 - 2019 株式会社ジール不動産 All Rights Reserved.